「しくじり先生」という番組を見たら、野村宏伸君が出てた。相変わらずベビーフェイスです。で、ベビフェの元祖は、なんと言ってもブラッド・ピットとレオナルド・デカプリオの両巨頭でしょう。
リバー・フェニックスくんもベビフェだったけれど、早くに亡くなってしまって、いまだに「スタンド・バイ・ミー」は、かなしくて見られないのです。名作なのにね。そろそろ、見てみようか、いや、まだ。
レオ様は、その容貌からしてすっかり御変わりになってしまって、どこへいったのレオ、という感じですが、それ、作戦のうちなのですね。いつまでもベビフェじゃあ居られない、ということで。
だから「フーバー」をやったときは、ちと早すぎ、と思ったけど、あれが階段でしたね。ブラピは気持ちはあっても、なかなかの感じ。奥さんの陰に隠れて老いを待つのかな。それはそれで、楽しみです。
で、ベビフェかと思いきや、意外とおじさんだったのが、マット・デイモン。この人、大好き。でも、プライベートをYOU TUBEでみたら、かなりおっさん度が高くてびっくりしました。でも好き。
なんてこと言ってたら、けさ、すごいベビーフェイスを発見。大谷翔平くん。大きな体で、すごいベビフェ。こんな子、小学校の同級生にいたよね、て感じ。顔年齢と実力は、関係ありませんね。プロミスのCM